出資金とは?

一般社団法人の設立時の出資金はどういうものか

出資金とは?一般社団法人は、株式会社とは異なり設立に際して財産の拠出を必要とされるわけではありません。資金調達の手段としては気金制度という形をとります。基金は一般社団法人の活動の原資となります。また、株式会社の資本金とは異なり、基金は必ず設けないといけないものでもありません。基金の設置、非設置についてはあくまでも一般社団法人の設立者の意向によります。基金の募集をして出資金を募るためには定款に基金募集の旨を記載して実施する必要があります。

そして、基金制度を採用して出資金を募った場合には廃止はできませんので注意が必要です。株式会社の公募のように一般社団法人の設立・運営費用を公募できるのが基金制度です。

一般社団法人は株式会社等と違い設立にあたり資本金の定めはありません。それは公共性を追求する団体であり非営利団体だからです。基金については金銭以外のものでも現物出資も可能です。現物出資の不動産や有価証券の総額が500万円を超えない限りは裁判所の検査の必要もなく出資を募ることが可能です。基金の拠出に係わる金銭の払込方法と基準金額、期間を定めれば基金の募集を行うことは可能です。非営利団体とはいえ活動費用にはお金がかかるものです。

一般社団法人は営業利益を追求するのではなく公共の利益を追求する団体です。たとえば、無農薬野菜の有機栽培を行う団体を設立して運営する場合でも、従業員には給料を払わなければいけません。あくまでも公共の利益を追求する非営利団体とはいっても原資がなくては行動をすることはできません。

ですから、出資金を基金という形式で資金調達を行っているのです。また、基金は貸借対照表の資産と比較して基金より資産が超えているようでしたら基金の返還を社員総会で決議をしたりするものでもあります。あくまでも行動費を基金を募り集めているのですから、余剰資金は返金するという形式をとるのです。

一般社団法人は営利を追求するのが目的ではなく公共的なサービスを提供するために設立を行います。サラリーマンには理解できないかもしれませんが、経営者は富を得ると、次に地位と名声を求めるものです。世の中から尊敬されたり慕われる団体。それが一般社団法人です。目的はあくまでも世の中に良い影響を与え、公共サービスを追求していくことです。世のため人のために存在する団体。それが社団法人です。そして、運営費用は基金でまかなっているものなのです。