申請書について

一般社団法人の設立のための申請書について

申請書について一般社団法人は何らかの目的を持って集まっている団体が法人格を得ようとする場合に選択する法人として広く知られるようになってきています。出資者に対して配当を出すことが出来ない非営利団体に分類されますので一般企業の設立のために用いられることはありませんが、様々な活動を行う団体が資金管理をしたり社会的な信用を得るために役立つ仕組みを持っているため、必要に応じて一般社団法人の設立申請が行われるようになってきているのです。

他の非営利活動団体向けの法人には公益社団法人やNPO法人が存在していますが、審査期間が長かったり活動内容に制限がある場合が少なくないため、税金の免除などの対応を求めているのではなくあくまでも法人格を取得したいという目的を達成するためであれば非常に有意義な選択肢であると言えるでしょう。

そんな一般社団法人の設立によって得ることが出来るのは法人格です。これは義務や権利の主体となり得る組織になると言うことを意味するものであり、法人になると言うことなのです。法人になれば様々な法律の対象になりますが、銀行口座を持つことが出来るようになりますし、印鑑証明を作ることも出来ます。

法務局への届出が必要になるのが一般的であり、数々のメリットを得るために手続きを行う道を選ぶ団体が少なくありません。

この申請手続きには法務局に提出する申請書以外にも様々なものが必要になります。作業量も多く手間のかかる申請手続きになりますので専門家に手続きを委託するのが一般的な方法になっていると言えるでしょう。この分野の専門家としては司法書士などが有名であり、必要事項を伝達することで手続きを行うことが出来ます。この設立申請の手続きを自分で行うことも不可能ではないのですが、経験豊富な専門家に任せた方が間違いの無い手続きを短時間で行うことが出来ますし、これまでの豊富な経験を活かしてこうしておいた方が良いという種類のアドバイスを行うこともできるでしょう。

この様なサポートを受けることで将来的に多少の変更事項があったとしても安心して対応することができる一般社団法人の設立申請が出来るのです。そのため特別な理由が無い限りは専門家の手を借りて申請手続きをした方が良いものであると言えるでしょう。